金沢学院大学ウエイトリフティング部

GLOBAL STANDARDをめざす
<< インカレ選手 女子の感想 | TOP | 今日の晩御飯 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
インカレ選手 男子の感想
村松 敦大

62Kg級 4年

感想
今回、4年生ということもあり、この試合にかける思いは特別なものでした。
個人では、62Kg級のメンバーを見て、最高でも3位、最低でも3位という思いを持って練習してきました。練習中は、ケガをしたり、思い通りにことが運べなかったりと不安なことも多くありました。それでも、3位という記録を残すことができました。

インカレでは、3位という目標の他に "魅せる"試技をする という課題も持ちました。

インカレ選手の一試技、一試技を見て、後輩たちには、自分もインカレに出たいという気持ちや、あのような選手になりたいと思ってもらえる試技ができたら嬉しく思います。

最後になりますが、今回この満足の行く結果を残すことができたのは皆さんの応援のおかげと、練習の時から支えてくれた部員みんなのです。また、セコンドについてくれた方々にも心からに感謝しています。

本当にありがとうございました。

高倉 玄喜

スナッチ92
ジャーク120
トータル212

全部6番

感想
今回のインカレは自分自身2回目の出場でしたが去年の記録より低く成功率も3本と自分自身納得のいく結果を出せませんでした。
来年はいちから初心にかえったつもりで頑張って納得のできるように頑張ります。応援してくださったみなさん本当にありがとうございました。

浜田 幸一

スナッチ 125キロ 3本

C&J 160キロ 3本

トータル 285キロ 6本

大学に来て初めての6本成功をする事が出来た。

しかし、この結果に満足はせず
今度は表彰台を狙って練習に励みたいと思います。

金城 誠丸

105〇
108〇
110×

140×
140○
143○


重量的には納得していませんが得点がとれてよかったです。
来年もまた出場できるように頑張ります。

大村 祐之

131

166

トータル4位

感想
スナッチは1kgアップの新記録で4年の最後の大会で、131をとることができ嬉しかったです。

ジャークでは、1本目、2本目を順調に成功しましたが、3本目の170では立つときに前にいってしまい落としてしまいました。
今までで1番悔しい、悔いが残る大会なってしまいました。
21:06 | インカレ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
21:06 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kgwl.jugem.jp/trackback/639
トラックバック

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--