金沢学院大学ウエイトリフティング部

GLOBAL STANDARDをめざす
<< インカレが終わって…男子編 | TOP | 金沢学院大V3 全日本大学対抗ウエイトリフティング >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
インカレが終わって…監督編
今年も残すところあとわずかになり、新しき1年に向けて数多くのことに締めくくりをしている、そして締めくくりは、やはり立場、そして覚悟と責任を持つ者にしてもらうべきだと私はおもう。

私達の場合は3人の監督だ。

アドバイザー 菊田 三代治 総監督
『4年生のみなさん、4年間ご苦労様でした。
4年間の努力はこれからの人生への餞です。
大学生活でウェイトリフティングを通じて学んだことはなにかしら必ずあるはずです。
それをぜひ、これの人生で生かして欲しい
在学生についても又1kg、でも記録更新できるよう頑張り、チーム金沢学院のパワーアップを図りましょう。
そして私達は大学、ご家族、周りの人からのご支援に改めて感謝しましょう。
目標はあくまでも「global standard」』

男子 小畑 直之 監督
『男子インカレの結果には、「やり残したことはない」と胸を張って言えるほどに、皆練習をしてきたので、悔しいという思いの残る大会になった。
結果として優勝には、届くことはなかった、だが一つだけ言い訳のようになってしまうが言いたいのは「気持ちでは、決して何処にも負けてはいない」と断言することができると言うことだ。
来年こそは気持ちだけでなく結果も負けないようにしたい』
16:58 | インカレ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
16:58 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kgwl.jugem.jp/trackback/226
トラックバック

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--