金沢学院大学ウエイトリフティング部

GLOBAL STANDARDをめざす
<< インカレが終わって…女子編 | TOP | インカレが終わって…監督編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
インカレが終わって…男子編
優勝は出来なかった…

悔し涙もながれた…

しかし、大会新記録をだし、その兆しは見ることができた。

さて、前置きはこの辺で筆を置き、本題の選手コメントに入ることにする


56kg級 前田祥平選手
『今回は減量にはじまり試合も散々と上手にする事ができなかった、この事を次(来年)に生かし今度こそ優勝を狙う』

62kg級 金城誠丸選手
『けして調子は悪くなかった、しかし本来の力を出しきれなかった、この事が今までのウェイト人生で一番悔しかったが同時にこういった事も起こりうると勉強にもなった』

69kg級 三谷洋平選手
『自分の世代、最後のインカレで、チームの力になれず、申し訳ないです。そして自分の結果にとても悔しく、無念でした。しかし、この事を受け入れ、次のバネにしたいと思っています。最後に2代目金沢学院大学WL部キャプテンとしてインカレ優勝の夢を次の世代の後輩たちにたくします。』

77kg級 前川大輔選手
『今年、初めてインカレにださしていただきました。今回の試合ではチームという言葉の意味、重要性を学んだと思います。結果はけして良いものではないが内容的には次の試合に繋がると思います。これからも一生懸命頑張ります。応援よろしくおねがいします。』

85kg級 川畑奨大選手
『まず、言いたいのは「応援ありがとうございました」、そして「結果が出せず申し訳ありませんでした」です。
最後のインカレでとても悔しい事になってしまたが、来年、そして次の世代にがんばって、とエールを送りたい!』

94kg級 大村祐之選手
『ふくらはぎを一月前に痛めてしまい、不安だったが試合では痛みを感じず予想していたより挙がりよかった。』

94kg級 河原祐輔選手
『今回、スナッチ大会新を取って1位も取ることが出来た、しかしこの記録に満足せず、次の全日本で日本新を取りたいと思う』

+105kg級 佐藤 瑛選手
『あっという間に終わってしまった。悔いが残ると思ったが、気持ちよく終われたと思います。』
16:57 | インカレ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
16:57 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kgwl.jugem.jp/trackback/225
トラックバック

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--