金沢学院大学ウエイトリフティング部

GLOBAL STANDARDをめざす
<< インカレ +105kg級 佐藤 瑛 選手 | TOP | インカレが終わって…男子編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
インカレが終わって…女子編
第10回全日本大学対抗女子ウェイトリフティング選手権大会は、金沢学院大学が出場者全員スナッチ、C&J、トータルともに1位となり団体得点45点2位と13点もの差を開く、完全試合を果たすことが出来ました。

これも応援して下さった皆様のおかげです。
しかし、私達はこの事に胡座をかかずこれからも日々精進を続け、来年もまた優勝を目指します。

さて、前置きはこの辺で筆を置き、本題である今回の功労者達からコメントを読んでいただきたい。


48kg級 中部有理選手
「優勝出来て嬉しい!そしてこれもすべて応援してくれた皆のおかげ」

53kg級 竹下菜緒選手
「4年間の集大成が出せ、今年も優勝出来てよかった。」

68kg級 具志堅美沙希選手
「今回は皆のおかげで優勝することができ、いくら感謝してもしっくせないほどです。
なので、次はもっと強くなってまた、優勝することで恩返しがしたい。」

75kg級 仲村理奈選手
「インカレ優勝出来ました。」

+75kg級 嶋本麻美選手
「皆の支えがあったから挙げる事ができた、これからも皆への感謝の気持ちと自分一人で挙げているのではないということを忘れずにウェイト人生を歩んでいきたい」

16:56 | インカレ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
16:56 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kgwl.jugem.jp/trackback/224
トラックバック

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--