金沢学院大学ウエイトリフティング部

GLOBAL STANDARDをめざす
<< 最後のインカレ、意欲満々 金沢学院大ウエイトリフティング部1期生 | TOP | 53kg級 具志堅美沙希選手 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
金沢学院大が女子団体V2 大学対抗ウエイトリフティング 橋田が日本新V4

金沢学院大が女子団体V2 大学対抗ウエイトリフティング 橋田が日本新V4


 第54回男子・第9回女子全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権第1日(30日 ・横浜市磯子スポーツセンター)金沢学院大が女子で強さをみせ、69キロ級の橋田麻由がスナッチとトータルで日本新記録をマークするなど5選手全員が優勝し、団体で2連覇を果たした。
 金沢学院大ウエイトリフティング部一期生の橋田はスナッチで93キロの日本新、ジャ ークで118キロ、トータルで211キロの日本新を樹立し、1年生の時の63キロ級を含めインカレ4連覇を飾った。

 橋田と同じ一期生で75キロ級の谷綾野スナッチ90キロ、ジャーク110キロのトータル200キロで2連覇を遂げた。

 2人のほか、48キロ級で中部有理(3年)が156キロ(スナッチ68キロ、ジャーク88キロ)、53キロ級で竹下菜緒(同)が162キロ(73キロ、89キロ)、75キロ超級で制野真理(同)が215キロ(95キロ、120キロ)でそれぞれ初優勝した 。

 女子団体で金沢学院大は43点を挙げ、2位の平成国際大に8点差をつけた。

 男子では、69キロ級で三谷洋平(3年)が260キロ(116キロ、144キロ)で3位、62キロ級で前田祥平(2年)が243キロ(107キロ、136キロ)で6位、56キロ級で村松敦大(1年)が214キロ(94キロ、120キロ)で8位に入賞した 。

 最終日の1日は男子5階級が行われる。
【12月1日04時54分更新】北國新聞
http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20081201105.htm
04:54 | 北國新聞 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
04:54 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kgwl.jugem.jp/trackback/17
トラックバック

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--